外国為替及び外国貿易法

外為法の目的

外国為替及び外国貿易法(以下「外為法」という。)は、第1条において、「外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、対外取引に対し必要最小限の管理又は調整を行うことにより、対外取引の正常な発展並びに我が国又は国際社会の平和及び安全の維持を期し、もって国際収支の均衡及び通貨の安定を図るとともに我が国経済の健全な発展に寄与することを目的とする。」と規定しています。

外為法の目的と変遷 : 財務省 より)

詳しくは、

外国為替及び外国貿易法

外為法関係・為替政策 : 財務省

にて、ご確認ください。