不正競争法で定める不正行為

不正競争防止法で定める不正行為

不正競争とされる行為

不正競争防止法第二条において、不正競争とされる行為が定義されています。

1. 周知な商品等表示の混同惹起(第1項第1号)

他人の商品・営業の表示(商品等表示)として需要者の間に広く認識されているものと同一又は類似の表示を使用して、その他人の商品・営業と 混同を生じさせる行為

「周知」の意義・・・需要者の間に広く認識されている
「混同」の意義・・・他人の商品又は営業と混同を生じさせる

適用除外(第19条)

  1. 商品・営業の普通名称や慣用表示を普通に用いる方法で の使用(第1項第1号)
    例;普通名称;「弁当」、「酒」、「醤油」、「黒酢」 慣用表示;「幕の内」(弁当)、渦巻き看板(床屋)
  2. 自己の氏名の不正の目的でない使用(第1項第2号)
  3. 周知性獲得前からの不正の目的でない使用(第1項第3号)

2. 著名な商品等表示の冒用(第1項第2号)

他人の商品・営業の表示(商品等表示)として著名なものを、自己の商品・営業の表示として 使用する行為

「著名」の意義・・・全国的に知られている(単に「広く認識」されている以上)

適用除外(第19条)

  1. 商品・営業の普通名称や慣用表示を普通に用いる方法で の使用(第1項第1号)
  2. 自己の氏名の不正の目的でない使用(第1項第2号)
  3. 著名性獲得前からの不正の目的でない使用(第1項第4号)

周知表示混同惹起行為(1号)と著名表示冒用行為(2号)の構成要件の比較

商品等表示の
知名度・認知度
商品等表示の
範囲
混同の要否 不正とされる行為の態様
1号 需要者の間で
広く知られている
周 知
同 一
又は
類 似
他人の商品又は
営業と混同を生じ
させる
使用、使用した商品を譲渡、
引き渡し、譲渡又は引き渡し
のために展示、輸出、輸入、
電気通信回線を通じて提供
2号 全国的に需要者以外
にも広く知られている
著 名
同 一
又は
類 似

(混同は必要ない)
自己の商品
等表示として
使用、使用した商品を譲渡、
引き渡し、譲渡又は引き渡し
のために展示、輸出、輸入、
電気通信回線を通じて提供

3. 他人の商品形態を模倣する商品の提供(第1項第3号、第4項、第5項)

他人の商品の形態模倣した商品を譲渡等する行為

「商品の形態」の意義・・・需要者が通常の用法に従った商品の使用 に際して知覚によって認識できる商品の外部及び内部の形状並びに形状に 結合した模様、色彩、光沢及び質感

「模倣する」の意義・・・他人の商品の形態に依拠して、実質的に同一の形態の商品を作り出す

適用除外(第19条)

  1. 日本国内において最初に販売された日から起算して3 年を経過した商品の形態を模倣した商品を譲渡、輸入等 する行為 (第1項第5号イ)
  2. 譲り受けた時にその商品が他人の商品の形態を模倣し た商品であることを知らず、かつ、知らないことにつき重大 な過失がない者がその商品を譲渡、輸入等する行為 (第1項第5号ロ)

4. 営業秘密の侵害(第1項第4号、第9号、第6項)

窃取等の不正の手段によって営業秘密を取得し、 自ら使用し、若しくは第三者に開示する行為等

「営業秘密」の意義・・・

秘密として管理されていること(秘密管理性)
有用な営業上又は技術上の情報であること(有用性)
公然と知られていないこと(非公知性)

適用除外(第19条)

  1. 営業秘密の善意取得者については、その権原の範囲内での使用は除外される(第1項第6号)

5. 技術的制限手段を解除する装置等の提供(第1項第10号、第11号、第5項、第6項)

技術的制限手段により視聴や記録、複製が制限されているコンテンツの視聴や記録、複製を可能にする(回避する)一定の装置又はプログラ ムを譲渡等する行為

技術的制限手段とは・・・音楽・映画・写真・ゲーム等のコンテンツの無断コピーや無断視聴を防止するための技術

コピーコントロール技術 (例)
  ・コンテンツに信号を付して、コピーを制限(SCMS,CGMS)
  ・コピーしようとすると、真正データを伝送せず、雑音を入れる (不完全なコピー作成;マクロビジョン)

アクセスコントロール技術 (例)
  ・コンテンツを暗号化して、契約者以外に視聴を制限 (スクランブル放送)

適用除外(第19条)

  1. 試験・研究目的で使用される技術的制限手段回避装置を提供する行為。 (第19条第1項第7号)

6. ドメインネームの不正取得等(第1項第12号、第9項)

図利加害目的で、他人の商品・役務の表示(特定商品等表示)と同一・類似のドメイン名を使用する権利を取得・保有またはそのドメイン名を使用する行為

「図利・加害の目的」の意義・・・

公序良俗に反する態様で、自己の利益を不当に図る目的
他人に対して財産上の損害、信用の失墜等の有形無形の損害を加える目的

「特定商品等表示」の意義・・・人の業務に係る氏名、商号、商標、標章、その他の商品又は役務を表示するもの
              ※商品の容器若しくは包装は含まない

「ドメイン名」の意義・・・インターネットにおいて、個々の電子計算機を識別するために割り当てられる番号、記号、文字の組合せ(IPアドレス)に対応する文字、番号、記号その他の符号又はこれらの組合せ

7. 原産地、 品質等の商品・ サービスの誤認惹起表示(第1項第13号)

商品、役務やその広告等に、その原産地、品質、内容等について誤認させるような表示をする行為

適用除外(第19条)

  1. 商品・営業の普通名称や慣用表示を普通に用いる方法での使用(第1項第1号)

8. 信用毀損行為(第1項第14号)

競争関係にある他人の信用を害する虚偽の事実を告知し、又は流布する行為

競争関係の存在
他人の信用を害する虚偽の事実
告知又は流布

9. 代理人等の商標冒用行為(第1項第15号)

パリ条約の同盟国等において商標に関する権利を有する者の代理人が、正当な理由なく、その商 標を使用等する行為

「正当な理由なく」とは・・・無許諾でおこなわれること

適用除外(第19条)

  1. 商品・営業の普通名称や慣用表示を普通に用いる方法での使用(第1項第1号)
  2. 自己の氏名の不正の目的でない使用(第1項第2号)

インターネット法務、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
初回は 「 無料 」 で対応致します。
お問い合わせバナー