私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律

独占禁止法の概要

独占禁止法の正式名称は,「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」です。

この独占禁止法の目的は,公正かつ自由な競争を促進し,事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにすることです。市場メカニズムが正しく機能していれば,事業者は,自らの創意工夫によって,より安くて優れた商品を提供して売上高を伸ばそうとしますし,消費者は,ニーズに合った商品を選択することができ,事業者間の競争によって,消費者の利益が確保されることになります。このような考え方に基づいて競争を維持・促進する政策は「競争政策」と呼ばれています。

また,独占禁止法の特別法として,下請事業者に対する親事業者の不当な取扱いを規制する「下請法」があります。

独占禁止法の概要:公正取引委員会 より)

詳しくは、

昭和二十二年法律第五十四号(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律)
独占禁止法:公正取引委員会

にて、ご確認ください。

独占禁止法の目的と規制内容

独占禁止法の目的と規制内容

独占禁止法の概要:公正取引委員会 より)