委任(準委任)と請負の違い

委任(準委任)契約 請負契約
契約の目的 事務(委託業務)を処理すること。 受託した業務(仕事)を完成させること。
民法第643条、民法第656条 民法第632条
受託者の義務 受託者(受任者)は、委託者(委任者)に対して、善管注意義務を負う。 受託者(請負人)は、委託者(発注者)に対して、受託した業務(仕事)を完成させる義務を負う。
民法第644条 民法第632条
報酬請求権 受託者(受任者)は、報酬の請求と費用の償還ができる。 受託者(請負人)は、業務(仕事)を完成させた後でなければ、報酬の請求ができない。
民法第648条2項、民法第650条1項 民法第633条
契約解除権 当事者はいつでも、どちらからでも契約を解除できる、ただし、当事者の一方が相手方の不利な時期に解除したときは、相手方に対して損害賠償義務を負う。 委託者(発注者)は、受託者(請負人)が業務(仕事)を完成させるまでの間は、いつでも損害を賠償して契約を解除できる。
民法第651条 民法第641条
受託者(請負人)は、契約を途中で解除することはできない。
瑕疵担保責任 なし 完成した業務(仕事)に瑕疵があった場合、受託者(請負人)は瑕疵担保責任を負う。
民法第634条~第640条
報告義務 受託者(受任者)は、委託者(委任者)から請求があるときは、いつでも受託した業務(委任事務)の処理状況を報告しなければならない。
業務(委任事務)が終了した後は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない。
報告義務はなし。
下請けについても原則、自由。
民法第645条

委任と準委任

委任 法律行為を委任する場合
準委任 法律高位以外の事務を委任する場合

契約書は、書類作成のプロ、行政書士にお任せください。
初回のご相談は「無料」です。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせバナー