技術指導契約

セミナー会場

契約当事者の有するノウハウ、技術知識を相手方に技術指導供与する場合に、条件を取り決め、ノウハウ、技術知識を守るための契約です。

技術指導契約において取り決めるべき項目

目的及び指導内容

技術指導を行う目的、具体的な技術指導の内容を、出来るだけ細かく取り決めておきます。

対価

技術指導の対価として、以下の項目について検討し、取り決めておきます。

  • 派遣料:日額か、総額か・・・?
  • 交通費
  • 宿泊費
  • その他の経費:通信費等や、指導上で必要となる費用
  • ビザ取得費用の負担:海外への派遣の場合

期間及び場所

技術指導する期間(指導期間や指導時間)や指導を行う場所をあらかじめ取り決めておきます。

派遣指導者の人数

技術指導する人や人数をあらかじめ取り決めておきます。

技術指導の過程で発生した知的財産権の取り扱い

技術指導の過程で知的財産権が発生した場合、その帰属について、あらかじめ取り決めておく必要があります。

秘密保持

技術指導における相手方の秘密情報を入手した場合、相互に秘密情報を保持する規定をおいておくことが必要です。

秘密保持契約についてもご参照ください。

  技術契約に関する業務に対する報酬額


契約書は、書類作成のプロ、行政書士にお任せください。
初回のご相談は「無料」です。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせバナー