技術契約

握手するビジネスマン-2

技術契約」で、お困りではありませんか・・・?

  • 「技術契約」自体の内容が理解できない・・・
  • 「技術契約」締結のポイントは・・・
  • 自社のリスクを考慮した「技術契約」を締結したいのだが・・・
  • 関連法令と整合性を持った「技術契約」とは・・・

「技術契約」の基本、ポイントを解説します。ご参考になさってください。

詳しい内容やお問い合わせはは、当事務所へ・・・

お問い合わせバナー

技術契約とは

企業が、その事業において、特許権や商標権などの知的財産の譲渡ライセンスを受けて、事業展開を行う時、新規事業の立ち上げにおいて、他社と共同開発を行う時。

こうした時に、知的財産や技術を対象として他社と取り交わす契約を、物品の売買契約、不動産の賃貸借契約などと区別して、技術契約と呼びます。

また、「知的財産契約」と呼ぶこともありますが、「技術契約」と呼ぶほうが、より広い概念を含んでいます。

技術契約 = 契約 + 技術

技術契約」というのは、慣用句で、法律用語ではありません。

具体的な種類は、以下の主な「技術契約」からご確認ください。

契約の基本原則は

契約とは、守られるべき「約束(合意)」であって、法的拘束力を有するものです。 基本的には、民法、商法などによって決められています。

契約 = 約束(合意))+ 法的拘束力

当事者で互いに合意したものであれば、原則として、どのような内容でも自由に締結することができます。 「契約自由の原則」と言われるものです。

しかし、「契約自由の原則」であるからといって、毎回毎回、一から内容を吟味するのは、事業をスピード感を持って進めるうえでは、障害となります。

また、関連法令との整合性も考えなくてはならないポイントです。

「技術契約」における関連法令

おさえるべきポイントをきちんとおさえ、自社のビジネスに合った「技術契約」を締結したいものです。

契約を結ぶことはなぜ必要なのですか?

当事者での合意であれば、口約束であっても契約は有効に成立します(民法)。しかし、それでは、後々、言った、言わないのトラブルになってしまいます。 トラブルを避けるための、「約束の証拠」として契約書が必要なのです。

契約書の作成、締結によって、以下の効果が期待できます。

  1. 約束(合意)の有無、有効期間を明確にできる
  2. 約束(合意)の内容を確認できる
  3. 相手方の約束違反(契約違反)を容易に証明できる

トラブルとなりそうな事柄を明確にし、合意の内容を決め、リスク回避を行い、ビジネスを円滑に進めるのが、「技術契約」の役割です。

法務部などをもつ大企業と違って、多くの中小企業では契約書を詳細に検討することが出来ずに、自社に不利となる契約を締結してしまい、ビジネス上の大問題を抱える危険性もあります。 中小企業は、企業を守り、安全にビジネスを展開するために「技術契約」の締結には、慎重に考えるべきでしょう。

「技術契約」締結で最も重要なことは

失敗をしないために重要なことは、「技術契約」で自社が目指すところを明確にし、契約の相手となる側とのコミュニュケーションのなかで、お互いの譲る点、譲らない点を確認し、契約書の中で形としていくことです。

法令との整合性、契約書の条文解釈など、専門的な作業は、専門家に依頼することも必要となってくるでしょう。

契約書は、書類作成のプロ、行政書士にお任せください。
初回のご相談は「無料」です。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせバナー

主な「技術契約」

USBメモリ

秘密保持契約 / NDA

ある取引を行う際に、営業秘密、個人情報、未公開の発明・技術・ノウハウの情報など、業務に関して知った秘密情報を第三者に開示しないとする契約。 Continue Reading →
ビジネスマン3人の話し合い

共同研究(開発)契約

共同で新製品・新技術の研究を行う場合に、その内容、期間、条件等を取り決めるための契約で、大学の研究者と民間企業とが、共同研究や受託研究を行う場合などに必要となる契約です。 Continue Reading →
メモをとるビジネスマン

業務委託(受託)契約

新製品・新技術の研究、試作、性能試験、製造などの業務について委託(受託)するに場合に、内容や条件等を取り決めるために締結する契約です。 Continue Reading →
握手するビジネスマン-1

共同出願契約

共同研究(開発)により開発された新製品・新技術の出願申請、出願手続の遂行、取得後の権利の維持保全、実施態様、第三者への許諾、共有持分の取得、持分の譲渡について締結される契約です。 Continue Reading →
握手するビジネスマン人形

実施許諾(ライセンス)契約

所有する知的財産権(出願中のものも含む)、ノウハウの実施を許諾(ライセンス)する場合に、その内容や条件を取り決める契約です。 Continue Reading →
名刺交換

譲渡契約

所有する知的財産権(出願中のものも含む))を譲渡(移転)する場合に、その内容や条件を取り決めるために締結する契約です。 Continue Reading →
ファイルを見るビジネスマン

オプション契約

ノウハウ技術の事業化可能性の判断を行う場合に、約定の期間(オプション行使期間)内に当該ノウハウを開示し、相手方が当該期間内に当該ノウハウ技術につきライセンスを受けるか否かの選択権(オプション)を与える契約をいいます。 Continue Reading →
キーボードの上の作業する人形

OEM契約

受託製造者が委託者の仕様に基づき委託者のブランド(商標)を付けた商品を製造・供給する場合、委託者が受託製造者に対して自社ブランド(商標)製品の製造を委託する場合に締結する契約です。 Continue Reading →
セミナー会場

技術指導契約

契約当事者の有するノウハウ、技術知識を相手方に技術指導(供与)する場合に、条件を取り決め、ノウハウ、技術知識を守るための契約です。 Continue Reading →

 icon-play 技術契約に関する業務に対する報酬額


契約書は、書類作成のプロ、行政書士にお任せください。
初回のご相談は「無料」です。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせバナー